忍者ブログ
ハンドメイドショップオープン!ナザールボンジュウなど、 トルコ窯焼きビーズネックレス販売してます。 http://minne.com/anmonite
 735 |  734 |  733 |  732 |  731 |  730 |  729 |  728 |
Posted : 2017/08/18 04:23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted : 2007/05/08 23:53

昨年の9月はウズベキスタンに行ったのですが…


イランの第一印象が、「ウズベキスタンにやっぱり似ている」で
9月の旅行のつづき…みたいな感触でした。


でも、違うところはけっこうあります。


*イスラム教について
 イランは女性は必ず髪の毛と身体の線を隠さなければいけないのですが、
 ウズベキスタンはそうではないです。服装自由?ですが
 さすがにミニスカートはいなかった。
 また、イランにはホテルにかならず「お祈りセット(絨毯とコーラン)があったし、
 ホテルやレストラン、空港でお祈り室が必ずといっていいほど
 ありましたが、ウズベキスタンは見当たりませんでした。


 あ、あとイランはアルコール類NGです(限りなくビールに近い味の
 ノンアルコールビールがあります)が、ウズベキスタンはOKと
 ウズベキスタンの方がイスラム教の戒律はゆるめです。
 ソ連時代に宗教が一切禁止された影響が大きいというのが定説。


*お土産
 ウズベキスタンはモスクや博物館の敷地内のあちこちに
 スザニなどのお土産を売っている人がいて
 国全体を上げて「お土産買ってくれ~」って感じでしたが。
 イランはしかるべきところにしか(バザールとか)
 お土産は売ってなかったです。
 
 イランだと、お手ごろ価格のお土産はペルシャ更紗(カラムカリ)
 くらいしかなく、それらの加工品(バッグなど)も可愛さと実用性が
 イマイチに見えました。やはり絨毯に特化しすぎか。
 手工芸関係の買い物はウズベキスタンの方がいいかもです…。


*モスク(イスラム教寺院)
 タイルの細かさといい、発色といい… 
 これは文句なくイランに軍配があがります。
 イマームモスクさえ見れば他は見なくてもいいとさえ思いました。


*食事
 ほとんど一緒な気が…
 野菜はウズベキスタンの方が美味しい。
 イランにあってウズベキスタンにないものは
 塩味のヨーグルトドリンクかなあ。
 発酵してないとけっこうさっぱりとしてイケますが
 発酵すると、限りなくバリウムに近い味がするので要注意です。


こんなとこかなあ。
気がついたら書いていきます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Admin / Write / Res
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/05 anmonite]
[12/28 竹内愛子]
[11/16 anmonite]
[11/16 anmonite]
[11/16 cajante]
プロフィール
HN:
anmonite
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
手仕事ネットショップ“anmonite”オーナー。
ショップは今春オープン予定
ビーズ曼荼羅などを出品するつもり。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  化石の日記Ver2.5  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]