忍者ブログ
ハンドメイドショップオープン!ナザールボンジュウなど、 トルコ窯焼きビーズネックレス販売してます。 http://minne.com/anmonite
 374 |  582 |  373 |  581 |  580 |  579 |  578 |  577 |  565 |  575 |  563 |
Posted : 2017/10/24 09:28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted : 2010/10/27 23:42


について、もうちょっと詳しく書いてみます。



チュニジアに行って、他の国ではありえない!

もうびっくり!って感じたことは。



博物館みたいなところにいくと、

パンフレットくれたり、売ってたりするじゃないですか。



チュニジアの場合は、何と!



入場するときに、

展示の説明文をコピーしたものを

クリアポケットに入れたものを配っていて、

建物から出るときに回収するシステム・・・・



こんなの初めて!と書いたところで

記憶をたどってみると。。。



外国の博物館って、図録がなくて、

その代わり?に写真撮影代を払ったりします。



私の旅行した範囲だと、ウズベキスタン、ブルガリアがそうでした。



照明が暗いので、うまく撮れるはずがないので

写真NGでもいいから、

ちゃんとした図録がある方が有難い。。。







私は民族衣装に関する本を集めているのですが…



ウズベキスタンやブルガリアでは、

本屋さんや民芸品店に関連本がけっこう置いてありました。



しかし、チュニジアでは



なかなか見つからず(><)。。。



探し方が悪いのかも。。。



「ロンリープラネット」に載っていた、

チュニスの旧市街の真ん中へんにある

古本屋さんものぞいてみましたが、



なんかいまひとつ。。。。



写真本はチュニジア「全般」に関するもの。

民族関連ではアフリカ「全般」という感じで

あまりマニアックに追求してるのはなかったです。



ブルガリアでは、レース編みの本とかあったのに、ぶつぶつ。。。



空港やカルフールの雑誌コーナーものぞいてみましたが、

輸入ものぽいのが大半をしめていました。



チュニジアって、紙資源が高価なのか…

あまり、活字を読まない国民性なのか…



…たぶん両方なのでは。。。



写真はチュニジアの新聞。
(2010年9月22日)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Admin / Write / Res
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/05 anmonite]
[12/28 竹内愛子]
[11/16 anmonite]
[11/16 anmonite]
[11/16 cajante]
プロフィール
HN:
anmonite
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
手仕事ネットショップ“anmonite”オーナー。
ショップは今春オープン予定
ビーズ曼荼羅などを出品するつもり。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  化石の日記Ver2.5  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]