忍者ブログ
ハンドメイドショップオープン!ナザールボンジュウなど、 トルコ窯焼きビーズネックレス販売してます。 http://minne.com/anmonite
 933 |  932 |  931 |  930 |  929 |  928 |  927 |  926 |  925 |  924 |  923 |
Posted : 2017/10/24 09:25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted : 2015/03/19 23:53

藤井 伸二 著 イカロス出版


http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%82%A4%E9%89%84%E9%81%93%E6%95%A3%E6%AD%A9-%E5%88%97%E8%BB%8A%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%BF%E3%82%A4%E5%85%A8%E5%9C%9F%E3%82%92%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AB%E6%97%85%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86-%E8%97%A4%E4%BA%95-%E4%BC%B8%E4%BA%8C/dp/4863206984


タイの鉄道、全線乗車レポート。
駅、車内、車窓の風景、観光ポイントなど、細かい写真がいっぱい。
行った気になってしまう本。


ちなみに私はアランヤプラテート→クルンテープ(バンコク)
間に乗車したことがあります。


行きはバスでアランヤプラテートまでいき、ボクシング観戦(笑)。
翌日電車で戻りました。


それも、2000年のことなのか(汗。。。
もう、相当うる覚えの記憶なのですが。
アランヤプラテートの駅には切符の自販機などなく。
窓口も一つしかなくて、すんごい暇そうな感じ。


早朝に出発して、発車時はガラガラだったのですが、
またたく間に満席に。
学生さんとか、
キンマをかじったおばあちゃん(勧められてしまった)とか
いろいろな人が乗り降りしてきた。


ただ、この本にもあるのですが、物売りの人が頻繁にやってくる


日本では、こんなの乗って電車に乗らないだろうみたいな
(農作物とか)持って乗る人もいたような…


列車にはエアコンなどなく。
窓を開けるのですが、その窓が


両端にツマミみたなのがあって、それをパチンと外して上にあげるやつ。


…って、昭和世代には懐かしすぎる形状。


原っぱみたいなところに小屋があるだけの「駅」とか
あったあった!


この本にはないけど、バンコク近辺になると。
線路スレスレに住宅があって、
普段は普通に路地として使われているぽかったりしたのが
(一日一往復だからか)衝撃だったりとか、


いろいろ思い出したし、また乗ってみたくなりました。


個人的には、バンコクーチェンマイ間かなあ。
南部も面白そうなんだけど、政情不安がちと…。


 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Admin / Write / Res
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/05 anmonite]
[12/28 竹内愛子]
[11/16 anmonite]
[11/16 anmonite]
[11/16 cajante]
プロフィール
HN:
anmonite
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
手仕事ネットショップ“anmonite”オーナー。
ショップは今春オープン予定
ビーズ曼荼羅などを出品するつもり。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  化石の日記Ver2.5  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]